補助人工心臓体験記

みんなのVADブログ

実は釣りだけじゃなかった!?釣りde交流会 開催レポート vol.2

実は釣りだけじゃなかった!?釣りde交流会 開催レポート vol.2

第一回釣りde交流会の開催レポートの続きです。
少し楽しい雰囲気を出そうと思い、遊び心を入れた動画でレポートします。

【後編】釣りで交流会開催レポート

「第一回釣りde交流会」の開催レポートは以上で終了となります。次回の企画案が浮かんできたら補助人工心臓体験記のFacebookページに投稿しますね。

開催レポートの前編はコチラ

この記事は2017年7月17日(VAD装着886日目)のリライト記事です

僕たちは「生きたい」

「補助人工心臓」と聞くと何やら大変なもの思い浮かべることでしょう。人それぞれにドラマがあり、様々な苦労があります。動画中では元気で楽しく何の悩みも無さそうに映っているかと思いますが、それは日々の大変さの裏返しだったりもするのではないでしょうか。

誰しもが”無意識”に持つ「生きたい」という願い、その願いは僕たちにもあります。
しかし、僕たちとっては”無意識”ではなく強く「生きたい」と願って心臓移植を待っていたりします。
それはとても険しい道のりですが、それでも僕たちは選んだのです。

時に強風を受けて心の枝葉がダメージを受けることもあります。それでも僕たちは次の枝葉が育つまで忍耐強く生きています。

僕は日本に臓器移植が根付くよう願っています。
そして移植医療によって移植待機者本人・家族のみならずドナーご家族、医療従事者、みんなのココロが少しでも救われるよう願っています。

交流会レポート記事

オンライン交流

この記事の著者

Satoru Ishii
この補助人工心臓体験記の運営者です。
僕は拡張型心筋症で2015年2月にエバハートを埋め込み、心臓移植待機者になりました。
僕もいつかはVADを卒業する日が訪れます。(訪れました)
僕が成し遂げたいことは後継者を作ることではなく「当事者が声を上げていいんだよ」という雰囲気作りです。
これから先も地道に発信していきます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント

関連しそうなブログ記事

Return Top