補助人工心臓体験記

みんなのVADブログ

VAD患者になってもやっぱり競馬が大好きです。

VAD患者になってもやっぱり競馬が大好きです。

競馬をはじめてから30年以上、心臓手術後にICUやCCUに入っている時以外は一般病棟に入院中も馬券を買ってきました。
そこでVADを装着してからの入院中の馬券生活と家での馬券生活、そして先週の馬券の結果を報告します。

VAD装着後、入院中の馬券生活

入院中は有料テレビの「グリーンチャンネル」でレースを見る事もできないし競馬新聞もありません。
それでも競馬好きの私は携帯電話で全レース馬券を買います。
しかし無職のVAD患者の私に潤沢な資金があるはずもなく決して負ける事はゆるされないので1レース100円しか掛けません。
100円で当てるのは本当に難しいので馬券は「単勝」「複勝」「ワイド」で勝負です。

Poporonの競馬メモ

単勝とは

1着になる馬を当てる馬券

・単勝はもっともシンプルな馬券で、どの馬が勝つのかを当てる馬券です。
・出走する馬が2頭以上の場合に発売します。
・馬番号で指定します。

引用:JRA 馬券の種類


入院中はレースをライブで見る事はできませんが約20分後にはレース映像が配信されるのでそれを見て楽しんでいます。
本当は前日に予想をする時間がとても楽しいのですが、病院では競馬新聞がないのでレース当日の土日にベッドの上で毎週競馬をしていました。

退院後、家での馬券生活

家ではもっと真剣に競馬に取り組みます。
金曜日と土曜日は取っている競馬新聞が配達されるとすぐに明日の予想を始めます。
もちろん全レース買うので全レース予想します。
夜はBSの「トラックマン TV 」「競馬コンシェルジュ」CSの「競馬予想TV」といった競馬番組を必ずチェックです。
レース当日は9時からグリーンチャンネルで競馬中継が始まります。
負けられない私の馬券術はパドックを見て人気をチェックして前走と騎手を重視します。
もちろん馬の血統や生産者も参考にします。
馬券は「単勝」「複勝」「馬連」「三連複」「ワイド」を中心にたまに「三連単」をレースによって選択します。
とにかく負けないことを第一に全レースを楽しみます。

Poporonの競馬メモ

複勝とは

3着までに入る馬を当てる馬券

・出走する馬が5頭以上の場合に発売します。
・出走する馬が7頭以下の場合は、2着までが的中となります。
・馬番号で指定します。

引用:JRA 馬券の種類

先週のメインレースの買い目と結果

Poporonの競馬メモ

馬連とは

1着と2着になる馬の馬番号を当てる馬券

・馬連は組合せとして当たっていればOK。
 1着・2着の着順は関係ありません。
・出走する馬が3頭以上の場合に発売します。

引用:JRA 馬券の種類

3月6日(土)
小倉競馬場11R八代特別
私の買い目 
馬連ボックス 
①④⑤⑧⑰ 各100円 計1,000円
結果    
④ー⑧ 払戻 2,080円 的中

阪神競馬場11R チューリップ賞
私の買い目
馬連ボックス
①②⑤⑦⑫ 各100円 計1,000円
結果
①ー⑤ 払戻 910円 的中

中山競馬場11R オーシャンステークス
私の買い目
馬連流し
③ー④⑤⑦⑧⑨➉⑬⑭⑮⑯ 各100円 計1,000円
結果
③ー⑧ 払戻 4,550円 的中

Poporonの競馬メモ

3連複とは

1着、2着、3着になる馬の組み合わせを馬番号で当てる馬券

・3連複は組合せとして当たっていればOK。
 1着・2着・3着の着順は関係ありません。
・出走する馬が4頭以上の場合に発売します。

引用:JRA 馬券の種類

3月7日㈰
小倉競馬場11R壇ノ浦ステークス
私の買い目
馬連流し
⑦ー①③④⑥➉ 各200円 計1,000円
結果
⑦ー⑪ 払戻 1,190円 ハズレ

阪神競馬場11大阪城ステークス
私の買い目
馬連流し
⑧ー①②⑦⑨➉⑪⑫⑬⑭⑮ 各100円 計1,000円
結果
①ー⑧ 払戻 8,520円 的中

中山競馬場11R 弥生賞
私の買い目
三連複
②ー③ー➉ 400円 ②ー④ー➉ 600円 計1,000円
結果
②-④ー➉ 払戻 810円 的中
     払戻合計 810円×6=4,860円

Poporonの競馬メモ

ワイドとは

3着までに入る2頭の組合せを馬番号で当てる馬券

・ワイドは組合せとして当たっていればOK。
 1着・2着・3着の着順は関係ありません。
・出走する馬が4頭以上の場合に発売します。

引用:JRA 馬券の種類

メインレースは6レース中5レース的中で収支は以下の通りです。
購入金額合計 6,000円 
払い戻し合計 22,110円 
プラス16,110円となりました。

VADを装着した今も毎週土日は競馬をたしなんでいます。

コメントはこちら

*

Facebookコメント

関連しそうなブログ記事

Return Top