補助人工心臓体験記

みんなのVADブログ

緊急事態宣言中に免許証の更新手続きに行ってきました

緊急事態宣言中に免許証の更新手続きに行ってきました

VAD患者になってから初めての運転免許の更新のハガキが届きました。
コロナで緊急事態宣言が出ている時なので免許の更新手続きはどうなっているのか電話で確認です。

鮫洲運転試験場に電話してみます

まずは鮫洲運転試験場の臨時適性検査係に電話をしてみます。
私は半年に一回免許証の臨時適性検査のために診断書を提出しているのですが入院中で診断書の提出が遅れる旨を連絡した時なども臨機応変に対応してくれる親切な所です。

「緊急事態宣言が出ていますが免許証の更新手続きはどうなっているのですか?」
「普通にやっていますよ」との答え。
「補助人工心臓が付いているのでコロナが怖いのですが混んでますか?」
「結構混んでますが夕方のほうが少しはすいています。もし心配でしたら手続きをすれば3か月の延期ができますよ」との答え。
「ありがとうございます。検討してみます」と言って電話を切ったのですが、これだけコロナの感染が広がっているときに混んでいる所に行きたくありません。
なにせ東京の1日の感染者数2,000人越えです。
どうしようかと思いハガキを見ていると、ゴールド免許だと指定警察署でも更新手続きが出来ることに気が付きました。

指定警察署の田園調布警察署に連絡してみます

今度は田園調布警察署に電話してみます。
免許の係にすぐに回してくれました。

「私はゴールド免許証ですが心臓が悪く補助人工心臓と言う物がついています。警察署でも免許証の更新手続きはできるのですか?」と聞いてみます。
「診断書をちゃんと出していればこちらで手続きできますよ」との答え。
「補助人工心臓が付いているので24時間介助者が必要で1人付き添いがいますが大丈夫ですか?」
「ちゃんとお席も用意できますので大丈夫ですよ」との事。
「そんな訳で私はコロナが怖いのですが警察署での手続きはすいていますか?」
「夕方の講習ならかなりすいているので大丈夫だと思いますよ。16時20分までに来て下さいね。」とても親切な感じです。

田園調布警察で免許証の更新手続き

2日後に田園調布警察署の更新場所に行くと補助人工心臓の事を覚えていてくれて女性警察官の方がすぐに対応してくれました。
更新料の支払いの後、少しお話を聞かせて下さいとの事です。
過去5年以内に意識がなくなった事がありますかという質問にチェックを入れたので、不整脈で意識がなくなった時の状況や幸い麻痺などはない事などを説明しました。
次は目の検査ですぐに写真です。
すいているのでスイスイ進みます。
私はこの日髪の毛がボサボサなので帽子をかぶって来ていました。
ここで帽子を取るとなんと髪の毛はぺっちゃんこです。
思い切って「帽子をかぶったまま写真撮ってもいいですか?」と聞いてみました。
すると親切な女性警察官が言いました。
「けがをしていたり病気の治療中だったりと正当な理由があれば帽子をかぶったままで大丈夫です。正当な理由がありますか?」
「ありません」と言ってぺっちゃんこの髪の毛で写真を撮りました。

最後は30分の講習です

講習まで教室の前で待っていると今度はベテランの職員の方が来て体が心配なので付き添いの方も隣で講習聞いてくださいと言って一番後ろに席を2つ用意してくれました。
とにかく親切な警察です。
結局講習を聞いている人は全部で8人でした。
密になる事もなく多分試験場とは大違いだと思いました。
講習が終わるとすぐに免許証を渡されて更新手続きは終わりです。
この先5年間の免許証写真の髪の毛はやっぱりペッちゃんこでした。

最後にとても親切な田園調布警察署の写真を撮ろうと思い警察官に聞いた所、写真はだめだそうです。
警察署の名前の所だけでもだめですかと聞いてみましたがやっぱりだめでした。

免許証の裏の臓器提供に関する意思表示

家に帰ってから気が付きましたが、免許証の裏の臓器提供の意思表示について講習では全くふれてくれませんでした。
是非とも指定警察署での免許更新でも臓器提供の意思表示にも触れていただけるよう進言すればよかったと後悔しています。
とりあえず電話で警視庁運転免許本部にお願いだけしてみましたが検討しますだけで手ごたえはあまりありませんでした。
また4月に診断書を提出した時に免許の検査係の方から電話が来るので、講習の時に免許証の裏の臓器提供の意思表示についてご説明いただけるようお願いし続けようと思います。

COMMENTS & TRACKBAKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 大阪は免許更新は医師からの要請で免停になりました。
    免許を返して貰えるのは移植後になりそうです。
    手続きをお願いしに行った警察で「長く免停にしてくれませんか?」と言うとお巡りさんが「免停を短くしたい人はいるけど長くしたい人は初めてです」と笑われました。

コメントはこちら

*

Facebookコメント

関連しそうなブログ記事

Return Top