Pororonの体験記

入院中にひどいめまいに襲われて景色がぐるぐる回りました。 

2月5日に不整脈で入院して17日目に突然激しいめまいに襲われました。
それは朝のエコー検査の時に始まりました。

エコーの検査室に入り左側を下にして横になった時、暗い中で景色が動いて見えます。
しかし1~2分すると景色の動きも止まったので「きっと大丈夫」と自分に言い聞かせ先生にも言わず検査を終えて病室に帰ってきました。

病室のベットでエコー検査のように左側を下にして横になってみるとやっぱり景色が動いて見えます。
試しに右側を下にして横になってみると今度は景色が動くどころか景色全体が時計とは逆回りにぐるぐる回りだします。
今までに経験したことのない速さの回転に心配性の私はすぐにナースコールを押しました。

看護師さんの後すぐに主治医の先生も来てくれて私を診察すると眼振があるということで脳のCT検査と耳鼻科の診察をオーダーしてくれました。

CTと耳鼻科での検査の結果、幸い脳に異常はなく最終的な診断は「良性発作性頭位めまい症」でした。

耳鼻科の先生の話では耳の中の耳石と言う物が剥がれてどこかに入ってしまい頭を動かすたびにめまいが起こるとの事、まれに耳石が元の所に戻る可能性はあるもののそれはかなり難しいようです。
良性なので治るのですが、耳石が溶けて吸収されるまで長ければ2か月かかる場合もあるとか。
最後に良性発作性頭位めまい症に対する浮遊耳石置換法という身体の動きが書かれた紙をいただきました。
しかし先生の話ではこの動きで耳石を元に戻すのは難しいゲームのようでやはりなかなか困難との事でした。

とりあえずダメもとで紙に書かれた身体の動きをしてから寝てみました。
すると朝目が覚めて頭を動かした時めまいの症状がまったくありません。
耳石は元に戻ったんでしょうか?
寝て右を向いても左を向いても景色は全く動きません。
結局この日はめまいが1度も起こりませんでした。
2か月かかると言われたものが一晩で治ってしまいました。

夕方、昨日処方されためまいの薬が3種類出来てきました。
飲んだほうがいいのか迷っています。
今日は先生がいないのでとにかく明日先生に聞いてみます。

めまいで漫画のように景色が回って見えた症状が1日で消えてしまった奇跡のような出来事でした。


コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 今日はリハビリさんが来る日です

  2. HVAD装着後にやってしまった私の失敗

  3. 緊急事態宣言中に免許証の更新手続きに行ってきました

  4. 心臓が『ごぼごぼ』ってしませんか?

  5. 心筋梗塞で補助人工心臓をいれました

  6. VAD装着後10kg以上太ってしまったのでダイエットします

投稿時期で記事を探す

最近のコメント

最新の記事 今日のおすすめ
  1. ブログを書くプレッシャー
  2. ノートとペン
  3. 妊婦に席を譲る
PAGE TOP