補助人工心臓体験記

みんなのVADブログ

連続したポンプの再起動

連続したポンプの再起動

今日の昼過ぎ、連続する不整脈のようなものを感じました。
「何だか嫌な予感がするな~」と思った瞬間、補助人工心臓のコントローラーから聞きなれない大きなアラーム音が鳴りました。

この記事は2015年9月1日(VAD装着201日目)のリライト記事です

緊急度の高いアラーム

胸に埋め込まれた血液ポンプが再起動したエラー(E-30)です。
緊急度の低い単発のポンプ再起動(E-31)はポツポツ発生しているのですが、今回のように短時間でポンプが連続再起動した経験は初めてです。

EVAHEARTのエラーコード表
患者が持ち歩くEVAHEARTのアラームと緊急度が書かれた表


病院へ連絡したところ直ぐに受診するよう指示をもらい、妻の運転する車で病院へ向かいました。

コントローラーのログを見てもらった結果、10回ほど再起動が発生していたようです。
再起動したこと以外は問題がなく、エラーが頻発しなければよいでしょうとのことで病院から解放されてきました。
再びエラーが発生したら病院へ連絡します。

今週は通院がない予定でしたが、結局は今週も通院でした。

この記事の著者

Satoru Ishii
この補助人工心臓体験記の運営者です。

僕は拡張型心筋症で2015年2月にエバハートを埋め込み、心臓移植待機者になりました。
僕もいつかはVADを卒業する日が訪れます。
僕が成し遂げたいことは後継者を作ることではなく「当事者が声を上げていいんだよ」という雰囲気作りです。
これから先も地道に発信していきます。

コメントはこちら

*

Facebookコメント

関連しそうなブログ記事

Return Top