イシイサトルの体験記

日記帳

「現時点では労務不能である。」と書かれた診断書を受けとる

この記事は2015年5月22日(VAD装着99日目)の日記からの転載です。

2015年5月22日(金) 晴れ

今日は久しぶりに体調がいい。
ただ、短時間で検査やリハビリなどのスケジュールを組まされたので少々大変だった。
しかし、それでも身体が軽く感じるのだから調子は良いのだろう。

リハビリに○○○がついてきて、リハの○○先生に「VADを入れて姿勢が変わった」と言った。
俺だって背筋を伸ばしたい。
でも、今はそれが出来ない。
やれないのではない、怖くて出来ないのだ。
傷が開くかもしれないという恐怖と、しぶい痛みによって自然と猫背になってしまう。
猫背を解こうと思ってもなかなか自分に勝てない。

夕方、病院事務から傷病手当申請用の診断書が届けられた。
書類へ目を通し、「自分は大変なことになってしまったんだ。」と改めて感じた。

「現時点では労務不能である。」

自然と涙が出てきた。
一家の長として情けない。

絶対に復職してやる。
そして移植まで持ちこたえ、その先の未来を生きてやる。
自分のために、家族のために。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 素晴らしい日

  2. 【知ってた?】厚労省が12月21日に作った新型コロナの状況をデータで示…

  3. 絆創膏を貼る男性

    手術痕からの出血と補助人工心臓のトラブルが発生

  4. エヴァハートのコントローラー

    VADステッカーの無償提供を開始しました

  5. 西新宿の夜景

    復職初日、涙を浮かべるほど嬉しい

  6. 登録してね!LINE公式アカウントのお知らせ

投稿時期で記事を探す

最近のコメント

最新の記事 今日のおすすめ
  1. 階段を登る男性
  2. ブログを書くプレッシャー
  3. ノートとペン
  1. 横浜の夜景
PAGE TOP