イシイサトルの体験記

VAD中学1年生になりました

VAD装着から2,193日目

私は補助人工心臓(VAD)を植え込んだ年を小学1年生に例えて数えてきました。そして今日、小学校を卒業して中学1年生になってしまったようです。
つまり、VAD装着から丸6年が過ぎ7年目に突入したということです。

まさかこんなにも長いVAD生活になるとは…

そう思うこともありますが、今日は「こんなに長く生きてこれた」ことに感謝しています。それは僕一人の力ではなく、家族や医療者をはじめとした多くの方に支えられて実現しています。そのことに感謝しながら少し贅沢なコンビニケーキをいただきました。
ちなみに、このケーキのあとに消毒処置で撃沈しています。

私が「例外」であり、他の心臓移植待機者はもっと早くに順番が回ってくることを願っています。また、その状況に少しでも近づけるためには、やはり私達待機者自身が声を上げなければならないと感じます。

僕はまだまだ声を上げます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 胸骨のワイヤー抜去を終えて退院してきました

  2. 染色体のイメージ

    拡張型心筋症の遺伝子検査を受けてきました

  3. 悩む男性のシルエット

    焦る気持ちを抱え、眠れない日が続く

  4. 巨大シャボン玉

    巨大シャボン玉の秘訣は上白糖の量?

  5. 消毒処置に使う物品

    家庭での在宅医療廃棄物の捨て方

  6. 手術室

    胸部手術痕からの出血の経過

投稿時期で記事を探す

最近のコメント

最新の記事 今日のおすすめ
  1. ブログを書くプレッシャー
  2. ノートとペン
  3. 妊婦に席を譲る
  1. 日記帳
  2. おもちゃで遊ぶ子ども
PAGE TOP