イシイサトルの体験記

著者のYoutubeチャンネル

今のVAD装着者がやらなきゃいけない大切なこと

植込み型補助人工心臓装着者の生活ぶりは世間に広く認知されていないのが現状と思います。私もこれまでの体験から体外式VADの存在を知っていましたが、そんな私でさえ植込みVADの存在は知りませんでした。

この記事は2016年3月6日(VAD装着388日目)のリライト記事です

VADを世間に広く伝える必要性には疑問を感じることもありますが、少なくともこれからVAD装着を検討される方、そのご家族にとっては一つの参考材料になるものだと感じています。

VAD装着後の生活をイメージ出来ないとVADを装着するか否かを判断することも困難と思います。日本国内で心臓移植を待つためには実質VADの存在が欠かせない状況です。つまり、心臓移植という目的をイメージする前にVAD生活をイメージしなければならないんです。

今の状況では漠然とした不安を抱えるだけと感じています。私はVAD装着後の世界をイメージできずに一度は手術を拒否しました。
そのような経験と考えから、VAD装着者の生活ぶりについて発信しています。

私のVAD生活のすべてが詰まっています
第二弾

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 一眼レフカメラを持って通院するVAD患者

  2. 自作のVAD消毒カート

    ニトリで自宅療養を支える椅子とカートを購入してきました

  3. VAD手術直後のICUで「患者は何をみていたのか?」

  4. エヴァハートのコントローラー

    VADステッカーの無償提供を開始しました

  5. 「あさがくるまえに」大切な人のために、この映画を観てほしい

  6. 日記帳

    「現時点では労務不能である。」と書かれた診断書を受けとる

投稿時期で記事を探す

最近のコメント

最新の記事 今日のおすすめ
  1. ブログを書くプレッシャー
  2. ノートとペン
  3. 妊婦に席を譲る
  1. アマゾンの段ボール箱
PAGE TOP