補助人工心臓体験記

みんなのVADブログ

5分でわかる『15歳未満の臓器提供と移植のウソ?ホント?』

5分でわかる『15歳未満の臓器提供と移植のウソ?ホント?』

このブログ記事では数年前から怪文書のように投稿されているツイート文を取り上げています。
なぜそのようなツイート文を取り上げるのかというと、今は法改正によりツイート文の内容が間違っているからです。
具体的には『15歳未満の臓器提供』に関する内容です。
臓器提供と移植には「臓器を提供したい・提供したくない、もらいたい、もらいたくない」という4つの権利があり、どの意見も尊重されます。

しかし、今でもそのツイート文が流れている状況があります。
それは臓器提供・移植を正しく理解することにとっての障害でもあります。
昨日のNHKスペシャル『家族が最後を決める時』を見て、過去の『15歳未満の臓器提供と移植のウソ?ホント?』をリメイクして本ブログに再掲載しようと決心しました。

ツイート文の投稿主を非難しているわけではありません。
ただ、正しく理解いただけるよう願いを込めて掲載しています。

臓器提供に関するbotツイートを解説

アバター
TW投稿主
”日本では、臓器提供に関して意思を表示するための「ドナーカード」を15歳未満は持つことが出来ない。これは、民法で「満15歳未満の遺言は無効」と決められているため。このため、小児の心臓移植手術は外国に行かないと受けられない。”
アバター
アドバイザー
確かに外国に心臓移植手術を行かなければならない小さな子どもたちはいらっしゃいます。
しかし、本当に15歳未満だから外国に手術を受けに行かなければならないのでしょうか?
すこし要点を整理して考えてみましょう。
・15歳未満のドナーカード保持
・15歳未満の意思表示の有効性
・小児の心臓移植手術は外国でないと受けられない
アバター
アドバイザー
あなたはドナーカード(臓器提供意思表示カード)の実物をみたことありますか?
アバター
TW投稿主
知っているよ。あの黄色いカードのことでしょ?
一時期コンビニのレジにも置いてあった気もするけど。
アバター
アドバイザー

きっとこのカードのことですよね。
アバター
TW投稿主
多分それだったと思う。
けれども、15歳未満は持てないんでしょ?
アバター
アドバイザー
『臓器提供意思表示カード』は年齢に関係なくどなたでも所持できますよ。
カードに意思を記入しておくこともできます。
あなたのおっしゃる通り、
15歳未満の方が書面で意思表示をしていても法的にはその意思表示は有効にはなりません。
しかし、カードの記入所持は可能です。
臓器提供意思表示カードの所有と法的効力
アバター
TW投稿主
やっぱり15歳未満は臓器提供できないから外国に移植手術を受けに行かなきゃいけないんでしょ?
アバター
アドバイザー
確かに「臓器提供が可能になった当初」は15歳未満からの臓器提供ができませんでした。
大人からの臓器提供は体の小さな子どもたちには難しい状況がありました。
しかし、2010年に改正臓器移植法が施行されたことで
15歳未満の方からの脳死での臓器提供も可能となりました。
アバター
TW投稿主
矛盾していませんか?15歳未満の意思表示は法的効力がないんでしょ?
アバター
アドバイザー
おっしゃるとおり、15歳未満の意思表示は法的効力がありません。
しかし、改正臓器移植法では『本人の意思が不明な場合には、家族の承諾で臓器が提供できる』ということが追加されました。
これにより、15歳未満の方からの脳死での臓器提供も可能となり、制度的には小さな子どもたちも日本で移植を受けられるようになりました。
アバター
TW投稿主
そうなんだ、法律が改正されたことなんて知りませんでした。
これから正しく発信したいと思いますが、どのように書けばよいですか?
アバター
アドバイザー
次のような内容ではいかがでしょうか?
=====
15歳未満の臓器提供意思表示に法的効力は無いが、2010年の法改正で本人の意思が不明な場合でも家族の承諾で臓器提供が可能になった。
小さな子どもたちも日本で移植を受ける機会が設けられたが、臓器提供の正しい理解が浸透しておらず、一部では外国での臓器移植に頼らざるを得ない状況もある。
アバター
アドバイザー
ぜひ、あなた自身も臓器提供の意思表示を示して、よりよいツイートをしてくださいね。

映画を通じて臓器提供に触れる

臓器提供を主にした映画は日本でも存在しており、それらから感覚的に臓器提供を知ることも出来ます。
ここでは僕が実際に鑑賞して良いと感じた2つの映画を紹介いたします。

映画「緑色音楽」

緑色音楽』(りょくしょくおんがく)は、2017年に公開された日本映画である。本作は臓器移植普及推進月間に合わせて開催される「グリーンリボンキャンペーン」の一環として、実話をもとに制作された短編映画である。

引用:Wikipedia 緑色音楽
緑色音楽
製作スペースシャワーネットワーク
出演者村上虹郎
オダギリジョー
工藤夕貴
久米明
製作国日本
公開2017年10月16日
緑色音楽

映画「あさがくるまえに」

ル・アーブル。夜明け前、ガールフレンドがまだまどろみの中にいるベッドを抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン(ギャバン・ヴェルデ)。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻き込まれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止めることができない。医師はシモンが蘇生する可能性はなく、両親に移植を待つ患者の為に臓器の提供を求めるのだが、その時間の猶予は限られている。

引用:あさがくるまえに オフィシャルサイトより
あさがくるまえに
監督・脚本カテル・キレヴェレ
出演者タハール・ラヒム
エマニュエル・セニエ
アンヌ・ドルヴァル
ドミニク・ブラン
フィネガン・オールドフィード
製作国フランス・ベルギー
公開フランス:2016年11月
日本:2017年9月
備考2016年 ヴェネツィア国際映画オリゾンティ部門正式上映作品
あさがくるまえに

関連ブログ記事

臓器提供の意思表示をする方法

臓器提供の意思表示は次のような方法があります。

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • マイナンバー
  • 意思表示カード
  • インターネットによる意思登録 コチラ

こちらの記事を参考にご自身の意思を書いてみてはいかがでしょうか。

この記事の著者

Satoru Ishii
この補助人工心臓体験記の運営者です。
僕は拡張型心筋症で2015年2月にエバハートを埋め込み、心臓移植待機者になりました。
僕もいつかはVADを卒業する日が訪れます。(訪れました)
僕が成し遂げたいことは後継者を作ることではなく「当事者が声を上げていいんだよ」という雰囲気作りです。
これから先も地道に発信していきます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント

関連しそうなブログ記事

Return Top