やす☆HVADの体験記

生きててや

夜中に急に起こされた。

「寝てたのにごめん。こっち来て」

連れられていったのは、リビング。

あそこに、いてん。

探していたけど、いません。

「どっかいったんちゃう?」

「探してっ」

渡された殺虫剤で、いそうな隙間に噴霧した。

「出てこえへんなあ」

「いてん。ホントにいてん」

「まあ、いたら、出てくるから」

しばらくしてると、こそこそと近くから音が聞こえてきます。

「出てきたわ」

ということで、処理しました。

落ち着いた雰囲気になったとき

真剣な顔をして、

「生きててや、

絶対生きててや」

緩和ケアかVAD装着して心臓移植を待つかのドクターからの話のときも、ここまで真剣な顔で言われたことがなかったような気がしました。

そこまで、思ってたんだと心が熱くなりかけたとき

続いて出てきた言葉は、

「ゴキブリ退治してもらわな、あかんから」

VAD装着しても、こんな生活しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. VAD装着前後の行動範囲

  2. 外来に来たついでに、入院してしまいました。

  3. 心臓移植待機者になる前に考えたこと

  4. 初めまして

  5. 意識喪失?眠気?「この眠気はどっちだ?」

  6. ああ、今日もエラー、絶好調

投稿時期で記事を探す

イシイサトル公式メルマガ

メルマガ「明日は何しよう」
最新の記事 今日のおすすめ
  1. 壁のコンセント
  2. ゴルフクラブを握るVAD患者
  3. スーパーで買い物をするVAD患者
  4. 巨大シャボン玉

YouTubeチャンネル

著者のYoutubeチャンネル

オンライン交流

火曜、土曜の夜は「誰でも」「気軽に」参加できる
入退出自由な交流会井戸バド会議を開催中

井戸バド会議はコチラ
PAGE TOP