イシイサトルの体験記

注射器と白い粉

好きだったプロ野球選手の薬物事件はとても悲しい

定時で仕事を終えてから猛烈な眠気に襲われて少し居眠り、それから夕食の支度とシャワーを済ます。

明日は朝一から顧客や社内スタッフとのテレカンがある。

復職してから業務をリモートワーク中心にシフトしている最中です。

VAD装着前と比べるとテレカンやビデオ会議の頻度が増え、その中で扱う内容も幅が広がりましたが慣れるにはもう少し時間が必要なようです。

ただ、相手先に出向かないことを許容される世界へ変わりつつことはVAD装着者にとってありがたい限りです。

この記事は2016年2月4日(VAD装着357日目)のリライト記事です

大物スター選手の薬物事件がとても残念

「お祭り男」こと清原元選手の覚醒剤所持による逮捕が報じされています。

引退後からたびたび薬物使用疑惑の騒動がありましたが、私はそれらの噂が嘘であって欲しいと思っていました。

しかし、今回の報道を知って「やはりやっていたのか・・・」という少し裏切られたような気持ちにもなりました。

西武時代の清原が好きだった

野球少年ではなかった私ですが、「西武の清原」「巨人の桑田」は私の小学生時代にスター選手だったことは間違いない。

西武ライオンズからFA宣言したあの日の午前、私は偶然にも球場近くをランニングする清原と遭遇したんですよね。

みんなで「あ、清原だ!」という感じです。

そのときはFA宣言することなど知らなかったので、みんなで頑張ってくっださ~~い!と大声で叫んでいましたね。

私にとっては「巨人の清原」「オリックスの清原」どちらも変わらずに好きな選手だったわけです。

ただし、「薬物の清原」は嫌いです。

覚醒剤の何が良いのだろうか?

覚醒剤、脱法ドラッグの何が良いのだろうか?私には分からない。

VAD手術後に使用した薬剤の種類は分かりませんが、あんな症状が現れるものを自ら進んで打ちたいとは思わない。

しかし、一度でも薬物の快感に染まってしまうとタガが外れてしまうのだろうか。

一世を風靡したような歌手やスポーツ選手の薬物使用についてはセンセーショナルに報じられる、世間からの猛バッシングにあうことは想像に難くない。

世間は「薬物の清原」を見捨てはじめた。

どのような結末を迎えるのかは分かりませんが、私のように「野球の清原」を見捨てていない人もいる。

やってしまったことは仕方がない、この経験をしっかりと受け止めて次に活かして欲しい。

今日の体重は?

+0.5kgでした。

何でだろう?
きわめて理想的な食事内容だったし量も控えめだったのになぁ…

お通じがないのは気になるところだが、そもそも0.5kgも溜まるとは思えない。

明日にはマイナスへ転じていることへ期待したい。

運動量の少なさがネック

休日だけ歩数が増える

在宅勤務だと本当に歩かない。

業務前に散歩しようにもかなり寒いし、仕事に支障をきたしそうで怖い。業後は疲れているので歩く気にもなれないし、歩こうとしても外は暗いし。

どうしたもんだろう…
部屋にエアロバイクとかを置いたほうがよいのだろうか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 「心移植サポート2015」に行ってきました

  2. VAD患者の想いを「効果的に」伝えるためのスキルを磨く方法

  3. ジャンクノートPCを入院専用マシンとして再生

  4. 両手を胸に当てる男性

    突然、胸が跳ねるようにドキドキした

  5. 【アンケート調査】僕、私のドライブライン刺入部

  6. 長期入院患者が近くの美容室に行っただけの動画

投稿時期で記事を探す

最近のコメント

最新の記事 今日のおすすめ
  1. ブログを書くプレッシャー
  2. ノートとペン
  3. 妊婦に席を譲る
  1. 消毒処置に使う物品
  2. アマゾンの段ボール箱
PAGE TOP