のあよなパパの体験記

補助人工心臓システムの非常時の電力確保

こんにちは。VAD介助者ブロガーのあよなパパです。

補助人工心臓や人工呼吸器等で常時電力を必要とされている方は、非常時の電力確保の対策をどうされていますか?

今回の記事では、まだ退院・在宅療養を始めたばかりで多くの課題がありますが「我が家の対策」を紹介したいと思います。

補助人工心臓システムの仕組み

植込み型補助人工心臓システムHVADは、常に電力・電源を必要とし、「バッテリー・ACアダプタ・DCアダプタ」と3つの電源があります。

補助人工心臓HVADシステムの3種の電源「バッテリー・ACアダプタ・DCアダプタ」

写真で説明しますと、ベット上のものが寝る時のACアダプタ、写真右下が充電している2基のバッテリー、左下がクルマのDCアダプタです。

寝る時以外の活動時は2基のバッテリーをコントローラーにつなげます。コントローラーとバッテリーを収納する専用のショルダーバックがあり、常にそのバックを身に付けています。
寝るときは、時間に制限なく給電できるコンセントからの電源・ACアダプタを使用します。
そして、クルマのシガーソケットに直接つなげて電力をとれるDCアダプタがあります。

常に電力供給が必要なので停電=非常事態となります。

特に、下のツイートで補助人工心臓システムHVADの概要・全体が分かります。

地震とかで停電になったら電力どうしよう!?

私が、日本は地震国で被災を想定した備えやサバイバル能力も必要だと危機意識を持ち続けていることもあり、退院前の準備段階での最初の疑問が「常に電力が必要なのに、停電になったらどうしよう!?」でした。

シガーソケットにDCアダプタをつなげることができる・非常用電源としての役割を果たしてくれるクルマはだめだったので他の手段を考えなければなりません。

相模原市に住んでいた頃に、保健所・保健師が災害対策を管轄していることは聞いていたので、町田市に引っ越してすぐに保健所に連絡しました。

東京電力の患者登録システム

保健師からまず情報をいただいたのが、東京都と東京電力との連携で「患者登録システム」があるとのことでした。

東京電力に登録をすると、災害時に、停電状況や復旧の見通しに係る情報提供・個別に電話連絡があり。また発電機の貸し出し・配達をしてくれるとのことです。(電力の優先的な復旧や確保ではない。とのことです)

東京電力パワーグリットに電話をして登録をしました。人工呼吸器ユーザーが対象のようでしたが、補助人工心臓の説明をして登録できました。
関連記事はこちらです→ BuzzFeedNews「停電したら命の危機に直面する人工呼吸器ユーザー 電力会社はどう備えてる?」(外部リンク)

保健師さんからはその他に、自家発電設備・非常用発電機の設置場所の情報をいただきました。

いずれは自分で非常用電源(発電機や車)を備えたい

よく参加している井戸バド会議で、他の患者さんに備えをどうしてるか?きいてみました。
システムのバッテリー(充電器)自体を病院で自費購入し、多くの予備バッテリーをもつことで備えてる方もいました。ちなみにバッテリー1基で約4〜7時間使用できます。いずれにしても、自費購入でお金がかかり、今はムリです。

いずれは、バッテリーの自費購入や発電機やクルマがほしいです。
ですので、現状としましては、実際に災害が起き停電になってからの患者登録をした東京電力からの連絡待ち(発電機を借りる)です。
停電が長期化するならば、首都直下で新宿がかえって危険とかでなければ、急いでレンタカーか救急車で病院へ(非常用電源あり)。新宿が危険ならば、自宅で借りた発電機で凌ぐか、地域の自家発電設備・非常用発電機の設置場所へ移動するかです。

コメント

    • 岩木幸(介助者2020JAN~)
    • 2020年 11月 12日

     私も停電時の対応に不安があったので、市社会福祉協議会の友人に相談しました。
     友人からは、居住地を管轄する電力会社の子会社で送配電専門(パワーグリッド)の会社が医療機器利用者への停電時対応をしているので登録するといいよと教えてもらい、登録しました。電力会社の雷・停電情報アプリもDLしています。
     更に友人が教えてくれたのは、大規模停電に陥った後は、基幹病院、警察署、消防署から電気復旧していくそうなので、自宅最寄りのところを確認して、長期停電の場合はそこに転がり込んで充電させてもらうのも一つの手段かと。

    • 岩木様、コメント感謝です。
      私も患者登録とTEPCO速報アプリDLしました。
      近所の基幹病院や消防署もいいですね。消防署は保健師さんがあたりましたがダメだったようです。まだ事前の打ち合わせ・調整が必要です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 補助人工心臓装着からの退院、心移植までの道のりスタート

  2. 未成年の難病者・ひとり親が利用できる医療福祉の制度や手当

  3. VAD患者の日常生活の留意点(消毒等)や外出レポート

  4. コロナ禍に光☆息子の心不全発症と入院、拡張型心筋症のVAD手術

  5. 息子が特発性拡張型心筋症でHVAD装着、介助者ブロガーの自己紹介

  6. 補助人工心臓を装着した息子の在宅療養に向けた準備【後編】クルマ家探し

ブログ著者

イシイサトル

やす☆HVAD

Bu-no

Pororon

琉加

のあよなパパ

投稿時期で記事を探す

イシイサトル公式メルマガ

メルマガ「明日は何しよう」
最新の記事 今日のおすすめ
  1. そもそも詐欺は犯罪です

YouTubeチャンネル

著者のYoutubeチャンネル

オンライン交流

火曜、土曜の夜は「誰でも」「気軽に」参加できる
入退出自由な交流会井戸バド会議を開催中

井戸バド会議はコチラ
PAGE TOP