イシイサトルの体験記

一眼レフカメラを持って通院するVAD患者

今日も真夏日、とても肌が沸くように暑い。
ギラギラとした日差しで頭がクラクラしてしまいそう、そんな日に今までのように一眼レフカメラを持って通院できるかチャレンジしてみた。

この記事は2015年7月21日(VAD装着159日目)のリライト記事です

新宿アビーロード

主治医からは貫通部にカメラをぶつけて創部状態を悪化させないよう右側でカメラを持たないようにとアドバイスを頂戴いたしました。

帰り道に通った新宿歌舞伎町でゴジラロードで一枚、構図のセンスなし!写真にタイトルをつけるのなら「新宿アビーロード」ってところでしょう。

貫通部の状態

診察時には貫通部の状態を確認してもらうとともに消毒処置も行ってもらいます。今回はドライブラインの固定アタッチメントも交換となったが、剥離剤(リムーバー)なしで強引にはがされたため皮膚がヒリヒリとする結果となった。手が伸びたときに一言指摘しておくべきだった、次回からは注意しよう。

結果、荷物は多くなるけど一眼レフカメラを持って通院することは可能でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 床屋のクルクル

    理容室で散髪してもらってきた

  2. 消毒処置に使う物品

    家庭での在宅医療廃棄物の捨て方

  3. 電車にヤバい奴が乗ってきた

  4. 拡張型心筋症は遺伝する?検査結果を聞いて感じたこと

  5. 【動画あり】闘病あるある話/眠れない時はどうしてる?

  6. 素晴らしい日

投稿時期で記事を探す

イシイサトル公式メルマガ

メルマガ「明日は何しよう」
最新の記事 今日のおすすめ
  1. おもちゃで遊ぶ子ども

YouTubeチャンネル

著者のYoutubeチャンネル

オンライン交流

火曜、土曜の夜は「誰でも」「気軽に」参加できる
入退出自由な交流会井戸バド会議を開催中

井戸バド会議はコチラ
PAGE TOP