イシイサトルの体験記

一眼レフカメラを持って通院するVAD患者

今日も真夏日、とても肌が沸くように暑い。
ギラギラとした日差しで頭がクラクラしてしまいそう、そんな日に今までのように一眼レフカメラを持って通院できるかチャレンジしてみた。

この記事は2015年7月21日(VAD装着159日目)のリライト記事です

新宿アビーロード

主治医からは貫通部にカメラをぶつけて創部状態を悪化させないよう右側でカメラを持たないようにとアドバイスを頂戴いたしました。

帰り道に通った新宿歌舞伎町でゴジラロードで一枚、構図のセンスなし!写真にタイトルをつけるのなら「新宿アビーロード」ってところでしょう。

貫通部の状態

診察時には貫通部の状態を確認してもらうとともに消毒処置も行ってもらいます。今回はドライブラインの固定アタッチメントも交換となったが、剥離剤(リムーバー)なしで強引にはがされたため皮膚がヒリヒリとする結果となった。手が伸びたときに一言指摘しておくべきだった、次回からは注意しよう。

結果、荷物は多くなるけど一眼レフカメラを持って通院することは可能でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 新しい投稿者「Bu-no」さんのご紹介

  2. 胸骨のワイヤー抜去を終えて退院してきました

  3. CT検査の様子

    手術後、脳出血を起こし後遺症があります

  4. 色んな種類のケーキ

    皮膚のテープかぶれを防ぐ工夫

  5. VAD患者の想いを「効果的に」伝えるためのスキルを磨く方法

  6. 尋常じゃない暑さと日差しでも定期通院が必要

オンライン交流

火曜、土曜の夜は「誰でも」「気軽に」参加できる

入退出自由な交流会井戸バド会議を開催中


詳細を見る

LINE公式アカウント

おすすめ記事

  1. スーパーで買い物をするVAD患者
  2. 川の字で寝る家族
  3. 悩む男性のシルエット

ブログの著者

ブログ投稿者を募集中

YouTubeチャンネル

著者のYoutubeチャンネル

無料メルマガ

日々の気づきや思い出話、面白かったこと、シェアしたいことなど、肩肘張らず気軽に毎日触れていただけるような内容を配信中

PAGE TOP

イシイサトルの体験記

「あさがくるまえに」大切な人のために、この映画を観てほしい

イシイサトルの体験記

心臓移植後のリハビリ期間に再挑戦すること

イシイサトルの体験記

「VAD装着者、心臓移植者の今」第八回誰でもVAD交流会 開催レポVol.3

イシイサトルの体験記

「移植コーディネーターの日常」第八回誰でもVAD交流会 開催レポートVol.2

Bu-noの体験記

切られるけど つながる場所