イシイサトルの体験記

「復職します!」ずっと言えなかった言葉

2015年月2月13日に補助人工心臓エバハートを埋め込む手術を受け、約9ヶ月が経ちました。そして、やっとこの言葉が言えるようになりました。

この記事は2015年11月24日(VAD装着285日目)のリライト記事です

一言では言い表せない「長かった」「辛かった」 

少しずつ、ほんの少しずつ新しい日常を獲得してきました。

ダッシュすることもあれば、立ち止まってみたり、戻ってみたり、底見えぬ闇に落ちてみたりと、3歩進んで、2.5歩下がる、そんな日々を過ごしてきました。

特にこの2ヶ月くらいが一番辛かった。

家長の役目を果たせなくなる気持ちと葛藤

VADを装着する以前の自分が立派な人間であったとは思っていません。

しかし、家長として家族を守るという意味で仕事に打ち込み、少しでも上を目指していました。

相手を信頼することもできました、問題が起きればそれに解決する力を向けることもできましたし、交渉することもできました。

しかし、病に伏してVAD手術を受けました。

6月に退院して、しばらくは嬉しくてたまりませんでした。

しかし、「これまでの家長」としての役割を果たせていない「お荷物」という事実もありました。

休職し、社会からドロップアウトしてしまったという感情。
「そんなことはない」と言ってくれる周囲の言葉も私にとってはすごく辛かった。

明らかに心のキャパシティが少なくなり、もともと少なかった包容力もより無くなりました。

未来への希望、どこからともなく湧き続ける不安や絶望感、心のキャパは時よりオーバーフローを起こしていました。

それが、モノや人などの周囲に向けられることも多かった、今でも言葉で言い表せないような心のせめぎ合いがあります。

けれども、もう少しだけ頑張ってみます。

2015年12月から社会復帰します

これ以上何もトラブルが発生しなければ、12月より復職します!

家族、主治医・看護師・MEなどの病院関係者、病院のVAD患者仲間、会社経営者や上司・同僚、友人、ブログを通じて応援してくれている方など、今日までフォローいただいた皆様のおかげです。

今はまだ御礼を言いません。

御礼は移植が終わり、新たな日常を獲得した暁にたっぷりとさせていただきます。 

皆様、これからもよろしくお願いします。

そして、自分に「よく頑張った!もっと頑張れ!」と言いたい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 壁のコンセント

    車内でVADの電源確保はどうしてる?

  2. 雑記をはじめました

  3. 車移動の疲れとVAD患者に理想な車とは?

  4. RayBanのサングラス

    視野欠損でカメラのファインダーが見えにくい

  5. 消毒処置に使う物品

    家庭での在宅医療廃棄物の捨て方

  6. ピンバッジのついた帽子

    臓器移植って知っていますか?

オンライン交流

火曜、土曜の夜は「誰でも」「気軽に」参加できる

入退出自由な交流会井戸バド会議を開催中


詳細を見る

LINE公式アカウント

おすすめ記事

  1. 川の字で寝る家族
  2. 電車内でのVADコントローラー
  3. 悩む男性のシルエット

ブログの著者

ブログ投稿者を募集中

YouTubeチャンネル

著者のYoutubeチャンネル

無料メルマガ

日々の気づきや思い出話、面白かったこと、シェアしたいことなど、肩肘張らず気軽に毎日触れていただけるような内容を配信中

PAGE TOP

イシイサトルの体験記

「あさがくるまえに」大切な人のために、この映画を観てほしい

イシイサトルの体験記

心臓移植後のリハビリ期間に再挑戦すること

イシイサトルの体験記

「VAD装着者、心臓移植者の今」第八回誰でもVAD交流会 開催レポVol.3

イシイサトルの体験記

「移植コーディネーターの日常」第八回誰でもVAD交流会 開催レポートVol.2

Bu-noの体験記

切られるけど つながる場所