イシイサトルの体験記

手術室

胸部手術痕からの出血の経過

先日発生した胸部手術痕からの出血を様子見していたわけだが、まだ少し出血しています。
素人目には少し皮膚の赤味が引いてきた印象を受けるが皮膚はむず痒い状態である。当然ながらDon’t touch!だ。

この記事は2015年6月29日(VAD装着137日目)のリライト記事です

胸骨ワイヤー抜去の可能性

病院へ経過を報告したところ明日病院で診察を受けるように指示をもらった。電話越しの説明では胸骨を繋ぎとめているワイヤーが悪さして炎症でも起こしていたらワイヤー抜去かもしれないとのこと、ワイヤー抜去は手術である。

痛いのは嫌だけど放置する訳にもいかないのでおとなしく先生方の言うことを素直に聞くことにしよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. 拡張型心筋症は遺伝する?検査結果を聞いて感じたこと

  2. 【ライブ配信】業務中に救急搬送されたエピソード

  3. 集え!VAD装着者

  4. VAD手術直後のICUで「患者は何をみていたのか?」

  5. 悩む男性のシルエット

    焦る気持ちを抱え、眠れない日が続く

  6. ゴルフクラブを握るVAD患者

    VAD患者がゴルフの打ちっ放しをしてみた

投稿時期で記事を探す

イシイサトル公式メルマガ

メルマガ「明日は何しよう」
最新の記事 今日のおすすめ
  1. 考える男性

YouTubeチャンネル

著者のYoutubeチャンネル

オンライン交流

火曜、土曜の夜は「誰でも」「気軽に」参加できる
入退出自由な交流会井戸バド会議を開催中

井戸バド会議はコチラ
PAGE TOP