イシイサトルの体験記

手術室

胸部手術痕からの出血の経過

先日発生した胸部手術痕からの出血を様子見していたわけだが、まだ少し出血しています。
素人目には少し皮膚の赤味が引いてきた印象を受けるが皮膚はむず痒い状態である。当然ながらDon’t touch!だ。

この記事は2015年6月29日(VAD装着137日目)のリライト記事です

胸骨ワイヤー抜去の可能性

病院へ経過を報告したところ明日病院で診察を受けるように指示をもらった。電話越しの説明では胸骨を繋ぎとめているワイヤーが悪さして炎症でも起こしていたらワイヤー抜去かもしれないとのこと、ワイヤー抜去は手術である。

痛いのは嫌だけど放置する訳にもいかないのでおとなしく先生方の言うことを素直に聞くことにしよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめです

  1. イライラする様子の男性

    刺入部周辺の皮膚が痒くて仕方がない件

  2. 年老いた柴犬の来夢君

    家族との別れ、切ない日

  3. 背後から「補助人工心臓」と読み上げられた出来事

  4. 心筋シートの治験が開始された

  5. 色んな種類のケーキ

    皮膚のテープかぶれを防ぐ工夫

  6. 「VAD装着者、心臓移植者の今」第八回誰でもVAD交流会 開催レポVo…

オンライン交流

火曜、土曜の夜は「誰でも」「気軽に」参加できる

入退出自由な交流会井戸バド会議を開催中


詳細を見る

LINE公式アカウント

おすすめ記事

  1. 補助人工心臓の漫画

ブログの著者

ブログ投稿者を募集中

YouTubeチャンネル

著者のYoutubeチャンネル

無料メルマガ

日々の気づきや思い出話、面白かったこと、シェアしたいことなど、肩肘張らず気軽に毎日触れていただけるような内容を配信中

PAGE TOP

イシイサトルの体験記

「あさがくるまえに」大切な人のために、この映画を観てほしい

イシイサトルの体験記

心臓移植後のリハビリ期間に再挑戦すること

イシイサトルの体験記

「VAD装着者、心臓移植者の今」第八回誰でもVAD交流会 開催レポVol.3

イシイサトルの体験記

「移植コーディネーターの日常」第八回誰でもVAD交流会 開催レポートVol.2

Bu-noの体験記

切られるけど つながる場所